またこの人か…
ちょっと時間が出来たのでYahoo!辺りを見ていると「圏央道、事業認定・収用委裁決とも取り消し…東京地裁」という記事に行き当たる。

あらまぁ、首都圏の交通事情がアレなのに
どうするつもりなんだろう、なんて見ていたら…

> 藤山雅行裁判長(鶴岡稔彦裁判長が代読)は

またこの人か。

知らない人のために補足説明
>藤山裁判長は、最高裁行政局の筆頭課長などを経て、
>2000年4月から現職。小田急線高架化訴訟や東京都の銀行税訴訟、
>課税処分取り消し訴訟などで次々に国や自治体敗訴の判決を出し、
>所属する民事3部の名称を取って「国破れて3部あり」とも言われた。
>東京地裁では通常、行政訴訟は提訴順に
>3つの専門部に割り振られるため、
>原告側が民事3部に当たるまで
>何度も提訴とその取り下げを繰り返す例もあった。

>しかし、判決の多くは、東京高裁で覆った。
>今年1月には、同高裁の裁判長が判決で、
>「事実の一部を恣意(しい)的に切り取り、
>裁判所の責任をおろそかにした」と異例の批判を展開した。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-22 17:19 | ニュース
パウエル発言
中身をよく知らないと何とも言えないので調べてみる。

何はなくとも原文こちらが政府広報
そしてTBSの翻訳に、有志の方が翻訳された
こちらこちら

まずTBS版から抜粋。
>「大切なことは小泉総理も、イタリアのベルルスコーニ首相も
> 『テロに屈してはならない』と言っているということです。
> テロリストの言いなりになってはいけない。
> 人質の状況は気の毒に思います。
> 家族が人質になるとは誰も思っていません。
> 私たちは人質の救出に全力を注ぎますが、犯人に屈してはいけません。
> 『何でも言うことを聞く』などと言ってはいけません。
> 彼らは新たな要求をしてくるだけです。
> 文明世界はこうした動きに立ち向かわなければならないのです」
> (パウエル国務長官)

ふんふん、ここら辺は至極真っ当ですね。
でも朝日や毎日が力点を置いているのは以下の部分らしい。

同じくTBS版から。
> 「軽率だ、自己責任をわきまえろ」などという批判が出ていることに対して、
> 「全ての人は危険地域に入るリスクを理解しなければなりません。
> しかし、危険地域に入るリスクを誰も引き受けなくなれば、
> 世界は前に進まなくなってしまう。
> 彼らは自ら危険を引き受けているのです。

> ですから、私は日本の国民が進んで、
> 良い目的のために身を呈したことをうれしく思います。
> 日本人は自ら行動した国民がいることを誇りに思うべきです。
> また、イラクに自衛隊を派遣したことも誇りに思うべきです。
> 彼らは自ら危険を引き受けているのです。

( And so I'm pleased that these Japanese citizens were
( willing to put themselves at risk for a greater good,
( for a better purpose. And the Japanese people
( should be very proud that they have citizens like
( this willing to do that, and very proud of the soldiers
( that you are sending to Iraq that they are willing to
( take that risk.


> たとえ彼らが危険を冒したために人質になっても、
> それを責めてよいわけではありません。
> 私たちには安全回復のため、全力を尽くし、
> それに深い配慮を払う義務があるのです。

> 彼らは私たちの友人であり、隣人であり、仲間なのです。」
( But even when, because of that risk, they get captured,
( it doesn't mean we can say, "Well, you took the risk. It's your fault."
( No, we still have an obligation to do everything we can to
( recover them safely
and we have an obligation to be deeply
( concerned about them.

( They are our friends. They are our neighbors. They are our fellow citizens.

アンダーライン部分が「?」という部分です。
有志の方が訳された段階であれやこれやと疑問点を示されているので
詳細はそちら様を見て頂ければと思うです。

しかしルモンドの「?」な発言や、パウエル氏がこういったと伝えることで
事態の沈静化を図ろうとされるとは、日本もまだまだですねぇ。
「海外では…」というブランドの弱さに付け込まれる余地をなくしていかないと。

ちなみに一連のインタビュー、全文を一度読んでみると面白いかも。
exciteさんのウェブ翻訳でも大意はつかめるし。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-22 05:04 | ニュース
サガン鳥栖救済案が白紙撤回も
せっかくチームが軌道に乗ってきたと思っていたJリーグ2部(J2)のサガン鳥栖が経営難に陥っている問題で、最悪救済案が白紙撤回される恐れも出てきた模様

うーむ、今年こそはという意気込みも高く、中々頑張ってるなぁ、と思って
好意的に見てきていたのだが、やはり経営問題で
株主との減資に関する調整が難航している様子。

最悪、去年の年末には解散が示唆されていただけに
厳しい状況には変化がないわけだが、
何とか生き残る方向に向かっていって欲しい。

フリューゲルスでもうお腹一杯なのよね、Jチームの解散って。

それにJを企業サッカーにしたい一部組織・人物を排除していくためには
「地域に根付いたスポーツクラブチーム」の存在は欠かせないわけで。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-21 11:29 | スポーツ
多分最後の人質事件論
元・内閣調査室室長佐々淳行氏のサイトから抜粋。

>私(注:佐々氏)も、自ら理事長をつとめるNGO団体
>「JIRAC(日本国際救援行動委員会)」の隊員を率いて
>クルド難民やシベリア窮民、カンボジアの孤児救援、
>小学校建設などのボランティアに行き、
>自衛隊がカンボジアに派遣される前の1991年から計14回、
>のべ850人の隊員と現地で活動しました。
>しかしその際、隊員には必ず「自己責任の原則」で
>規律に従って行動する旨の誓約書を書かせ、
>未成年には親の承諾を得させてから現地に引率し、
>一人のけが人も出さずに使命を果たしました。
>海外ボランティアとは、そういう「命がけ」のものでもあるのです。

こないだのイラク邦人人質事件の元・人質たちにはこういった覚悟や準備があったのやら。

イラクはイラク戦争後、紛争地域とメディアで広く報じられ、
外務省は渡洋退避勧告を出しており、またそれは一般公開されているのに、
ボランティアという立場でかつ自衛隊派遣反対だからテロには遭わないだろう、と
いう甘い考えに基づいたと思われる状況判断で、
実際に出かけた直後に誘拐され、
自分と自分の家族が助かれば、その後、日本人がいたるところでテロに遭遇し
政府がどんな理不尽な要求を受けてもいいと言わんばかりに
「テロリストの【要求通り】自衛隊を撤退させろ」と
大々的な政治的パフォーマンスを驚くべき速度で周囲は進行。

色んな意味で身勝手。
だから人質だった彼らばかりか
家族を含めた支援者は色んな批判を浴びている。

独善を振りかざした結果なのに「政府が悪い」と責任転嫁する。
テロリストの代弁者の如く「自衛隊は撤退すべきだ」と声高に叫ぶ。
そして今度は「メディアの過熱報道が悪い」。
先ず第一に「(私や私達を酷い目に合わせた)テロリストが悪い」ではないのか。


かつてダッカ事件で日本政府がテロリストに屈した結果、
世界各地で日本赤軍が活発化したが、
またもやテロの横暴が拡大することに賛意を示すということか。

自衛隊はイラクで復興活動することなく即時撤退し、
その結果イラクは荒廃して、かつてのアフガニスタンのように
テロリストの拠点になってもその方がいいというのか。
自分達だけヘイワ・ハンセンならそれでいいということか。

身近な個人レベルに視点を矮小化していき、同情を計るのが
年金問題や福祉問題でも特定の党派が好んで行なう戦術だが、
全く冗談じゃない。
問題はそれだけじゃないから(一部メディアの恣意的誘導があるにも関わらず)
世論は激高したのだ。

「周りに迷惑をかけても自分の独善を貫く」というのは
場合によっては立派なように聞こえる場合もあるけれど、
社会の成員としては失格。
秩序を自助努力で維持するということは重要なことですからな。


しかし人質事件も一段落ですかね。
当面(というより、今後はまず)メディアに出てこないだろうから、
恐らくは自然終結の方向に向かう気がする。

ただ、この事件が日本に及ぼした影響は絶大なものになると思われる。
それも家族や支援者、ハンセン・ヘイワ団体の望まざる方向へ。

どうなるかは、この事件を見ていた有権者のみが知るところ。かな。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-21 11:14 | ニュース
ルモンドって…
「仏紙ルモンド、人質事件で自己責任問う声に皮肉」という記事を見つけたのだが、何だこりゃ?と首を傾げたくなる次第。

>人道的価値観に駆り立てられた若者たちが、
>死刑制度や厳しい難民認定など(国際社会で)
>決して良くない日本のイメージを高めたことを誇るべきなのに、
>政治家や保守系メディアは逆にこきおろしている」と皮肉った。

いやいや、人道支援に当たるという精神は誰もけなしてはいないけど、
人質になった直後から自衛隊派遣反対という政治的な指向のみに動いた
連中に対して「それっておかしくない?」という声が上がったんじゃないのか。
要は「そんな状況を利用して政治活動してやがる」と判断されたのが
元・人質とその周辺への嫌悪感を助長させたと思うんですよね。


>「社会秩序を乱した者は後悔の念を
> 示さなければならないのが日本の習慣」と説明した。

これはフランスの中華思想そのものの発露ですかね。
フランスでは社会秩序を破壊する行為、
あるいは軽視する言動を許容されてるんでしょうか。
さすがは左翼の本家と評されたいのかな。

この記事を引用した朝日新聞は、どういう意図なんでしょうね。
こちらも興味深かったり。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-20 14:53 | ニュース
自己の信念に基づく行動を批判するのは止めよう
タイトル通り「自己の信念に基づく行動を批判するのは止めよう」という運動が各地でも繰り広げられているようだが、一言。

ブッシュ大統領や小泉総理も、自己の信念に基づいて派遣したんでしょ?
それを口を極めて批判してるのって誰たち?

自分たちの言動が如何に矛盾に帯びているか、
いい加減分かった方がいいんじゃないかなぁ。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-20 08:39 | ニュース
PTSD
あのイラク人質事件の元・人質たちが
外傷後ストレス障害(PTSD)に繋がる恐れがある、と各報道で見かけたのだが、
「PTSD」ってよく知らなかったので調べてみた

症状としては
1) 原因となった外傷的な体験が、意図しないのに繰り返し思い出されたり、夢に登場したりする「再体験(想起)」。
2) 体験を思い出すような状況や場面を、意識的あるいは無意識的に「回避」し続ける。
3) 交感神経系の亢進状態が続いていることで、不眠やイライラなどが症状として見られる「過覚醒」 。
とのこと。

以下、日本トラウマティック・ストレス学会の解説から引用。
>PTSDの診断基準では症状の持続が1ヶ月以上とされています。
>しかし衝撃的な出来事に遭遇すると直後から重症の反応が生じることがあります。
>PTSDの3大症状だけでなく、解離性症状と呼ばれる健忘や現実感の喪失、
>感覚や感情の麻痺などが、直後の1ヶ月以内に強く現れている場合は
>「急性ストレス障害 Acute Stress Disorder;ASD」と診断され
>PTSDとは区別されています。

なるほど。
「心身に重大な局面が迫ったというストレスを回避しようとして神経的に参ってしまう」症状と理解すればいいのかな?

しかし人質事件の場合って、
判定を行なったのは精神科の医師ではなく、
専門領域が定かではない「内科」医師が、
「人質本人が演技であると認めている」脅迫ビデオの映像を見て
「恐怖と戦慄を人質が感じている」からPTSDの恐れアリと判断。

ん~診断を下した医師さん、大丈夫?
実に謎めいた診断結果を下したなぁ、としか思えないんだけどなぁ。


まぁ神経がやられているということだから、
もちろん記者会見以前に、講演や執筆活動といった言論活動をできるわけないよね。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-20 08:33 | ニュース
独り言
何でイラク戦争反対・自衛隊派遣反対を叫ぶ人って
他者に対する敬意を払えないんだろう?

あちこちのサイトでもよく見かける
「ブッシュ」「小泉」という呼び捨て表記。

自国や同盟国の国家元首に対する
敬意とかって欠片も見えないんだよね。
他者を貶めようとしているだけ。

自分の思想にとっての仇敵だからなんだろうけど、
他者に敬意を払えない人間が、
自分に敬意を払ってもらえると思っているのだろうか。

翻って「差別主義者・独善的」と見られて、
自分(達)が唱えている教条をも
軽視・蔑視されているとは気付かないのだろうか。

気付かないんだろうな。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-19 17:42 | 雑記
不遇な選手が好みかも?
あなたの好きなスポーツ選手は?ということだと、Jリーグ・ベガルタ仙台の財前宣之選手とか福永泰選手、ヴァンフォーレ甲府の小倉隆史選手とか、不幸な怪我で泣かされた選手が割と好みかも。

特に挙げた選手たちは頑張って欲しいものです。

前園も、もう一度Jで一花咲かせて欲しいなぁ。
あのアトランタ予選時の突破力は今見てもホレボレするぐらいだったし…

(すごい文字化けにて一度修正)
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-18 14:07 | スポーツ
イスラエルは何処へ行く…
つい最近、ハマスの指導者を殺害してイスラムを沸騰させたイスラエル。
またもやハマスの新指導者に対して攻撃、殺害した模様

和平とかはもう念頭にはないらしい。
相手の組織を武力で解体することしか考えていないようだ。

もはや相手を一人残らず殲滅するしか道がなくなってるという泥沼化。
こんなことすればテロが拡散・ゲリラ化していくだけで、
歯止めを誰にも止められなくなるだけなのに。

どうするんだイスラエル。
'95にラビンが暗殺されてから強硬化が一層進んでいたけれど、
落としどころとか考えなくなってしまっているのか。
[PR]
# by projekt_schwartz | 2004-04-18 08:45 | ニュース


今だ以って何が「黒。計画」なのかは定かではないが、てきとーに時事やらを触れていくプログってことでいいやと開き直ってきた今日この頃。ちょいと最近は多忙気味なので更新を怠けてます
by projekt_schwartz
カテゴリ
全体
ニュース
スポーツ
雑記
以前の記事
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
日本にとって実は中国って..
by projekt_schwartz at 03:31
トラバありがとうございま..
by lipxlap at 00:35
実社会での縛りは何処でも..
by projekt_schwartz at 21:25
すいません、岡田は私の選..
by vistacar30000 at 13:18
リリース物(写真など)を..
by vistacar30000 at 13:17
本文の理由と、根幹的な解..
by projekt_schwartz at 22:36
今度の訪朝で小泉首相が失..
by haruhico at 21:47
ACLにそこまでの興味は..
by projekt_schwartz at 01:38
へっへっへ、バレバレです..
by iku-2002 at 05:57
この記事に関しては高遠、..
by projekt_schwartz at 12:37
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧