日本国憲法第9章 改正 (第96条)
日本国憲法第9章 改定

第96条
1.
この憲法の改正は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、
国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。
この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、
その過半数の賛成を必要とする。

2.
憲法改正について前項の承認を経たときは、
天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。


「護憲・憲法改正には頑固に反対」という人たちは
この条文をどう考えているんでしょ?

わざわざ「章」としてこの条文を独立させているのは何故なのか。

つまりは、
日本国憲法は硬性憲法ではあるが、改正が全くできないものではないのです。

日本国憲法は永遠に不変であり続ける、なんてのは
一部思想者の勝手な妄想でしかないのを
憲法自身が表しているってのにね。

そもそも憲法改正の議論は
「時代に合わない・不都合になってきた箇所の改正」が問題の中心であって、
それはつまりは、年を経て着れなくなったと思われる服のリサイズすら否定して
「君の服は未来永劫それなのだ。一切の変更は認めない」と
言っているようなものに聞こえてきます。

また、護憲派(と、ここでは一括りにします)が「基本的人権の尊重」にまで
議論の中で触れるたりするのは意図的な拡大解釈、
あるいは全面的な軍国主義へ憲法が変わると
認識させようとしているとしか思えないんですよね。

それ以前にこの議論をリードしてきた、あるいは出発点とも言える
社会党がどういう目的で「護憲・非武装中立」を謳っていたのか、
色んなソースに当たった上で、まずそこから知って欲しいものです。

社会党が絡む政治問題は「誰にとっての得になるのか」を調べる必要があります。
必ずといっていいほど外国勢力にとっての得でしかないのがよく分かるでしょう。

それと。
「平和でありたい!」
→だって今までこの憲法下で平和だったんだから、改正すれば戦争だ
→改正した結果、戦争に巻き込まれたらどうするんだ
 (けど改正しない場合、何故巻き込まれないのかという理由は「最初に戻る」)

…こういうのもどうかと思うんですよね。

日本の隣国はベトナムやチベットに侵略した「侵略主義・拡張主義国家」ですぞ?
進行形でフィリピンと南沙諸島、日本と尖閣諸島を巡って喧喧諤諤してるのに。
今まで(そして今も)踏み込んでこなかったのは支那事変で知らしめた
日本軍の実力(1/10の規模ながら国共両軍には最後まで負けなかった)の残像と
日米安保という暴力装置があるからであって、
憲法の存在が侵略させなかったわけじゃないんですけどねぇ。
[PR]
by projekt_schwartz | 2004-05-22 20:21 | ニュース
<< 小泉総理の訪朝を受けて マイケル・ムーアのってこれかぁ >>


今だ以って何が「黒。計画」なのかは定かではないが、てきとーに時事やらを触れていくプログってことでいいやと開き直ってきた今日この頃。ちょいと最近は多忙気味なので更新を怠けてます
by projekt_schwartz
カテゴリ
全体
ニュース
スポーツ
雑記
以前の記事
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
日本にとって実は中国って..
by projekt_schwartz at 03:31
トラバありがとうございま..
by lipxlap at 00:35
実社会での縛りは何処でも..
by projekt_schwartz at 21:25
すいません、岡田は私の選..
by vistacar30000 at 13:18
リリース物(写真など)を..
by vistacar30000 at 13:17
本文の理由と、根幹的な解..
by projekt_schwartz at 22:36
今度の訪朝で小泉首相が失..
by haruhico at 21:47
ACLにそこまでの興味は..
by projekt_schwartz at 01:38
へっへっへ、バレバレです..
by iku-2002 at 05:57
この記事に関しては高遠、..
by projekt_schwartz at 12:37
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧