反米攻撃、事実上の旧イラク軍買収で防げた?
反米攻撃、事実上の旧イラク軍買収で防げたというyahoo!トピックスを見て「う~ん…」と考えさせられる。

イラク軍の即時解体は性急であった、とする声は確かに根深い。
が、最盛期には数10万に達する陸上戦力はアメリカ陸軍にとっても脅威であり、
戦後統治をする上で強力な政治集団に変質するかもしれない集団を
手早く解体してしまう、という判断も分からなくはない。

特にアフガニスタンで北部同盟やその支援組織が
中央になかなか従わなかったという事例が身近にあるだけに。

この大使の言うようにイラク軍を維持しておけば、
確かに治安が急速に崩壊することはなかったかもしれないが、
イラク軍そのものがアメリカ統治への反対勢力に回った可能性も拭えない。
外国勢力主導のテロは防げても、一部部隊が国内ゲリラと化した可能性はあるのだ。

どっちにしろイラクの戦後の混乱は避けられなかったとは思われる。
フセインは政権を放棄しておらず、現在もまだイラク元首とする声もある。
6月に発足する暫定政権が正統政府であると国際が認定するまでは
イラクは文字通りの「無政府国家」となったままだ。

最もベターであったかも知れない選択とすれば、
フセイン拘束後、そのまま国家元首として認めたまま政権放棄を宣言させ、
国連、あるいは多国籍軍司令部に政権を委譲する、と言わせておけば
まだマシだったかも知れない。

どっちみち後出しジャンケンをして
「ほれ、俺の方が良かっただろ」というだけなのかも知れないが。

こういうのってなかなか答えがないんですよねぇ。
「何がその時のベストな選択だったか」って。
[PR]
by projekt_schwartz | 2004-04-26 23:18 | ニュース
<< 「反日で何が悪いのか」 オリンピック効果恐るべし… >>


今だ以って何が「黒。計画」なのかは定かではないが、てきとーに時事やらを触れていくプログってことでいいやと開き直ってきた今日この頃。ちょいと最近は多忙気味なので更新を怠けてます
by projekt_schwartz
カテゴリ
全体
ニュース
スポーツ
雑記
以前の記事
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
日本にとって実は中国って..
by projekt_schwartz at 03:31
トラバありがとうございま..
by lipxlap at 00:35
実社会での縛りは何処でも..
by projekt_schwartz at 21:25
すいません、岡田は私の選..
by vistacar30000 at 13:18
リリース物(写真など)を..
by vistacar30000 at 13:17
本文の理由と、根幹的な解..
by projekt_schwartz at 22:36
今度の訪朝で小泉首相が失..
by haruhico at 21:47
ACLにそこまでの興味は..
by projekt_schwartz at 01:38
へっへっへ、バレバレです..
by iku-2002 at 05:57
この記事に関しては高遠、..
by projekt_schwartz at 12:37
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧