人治から法治へ、ねぇ…
中国が「人治主義から法治主義へ」という記事を見つける。

正直、無理でしょ。

何故かというと、共産主義国家ではボルシェビキ(共産党)が
国家指導のキーとなるので司法・行政・立法の3権の上位に(事実上)君臨し、
その権限が絶大であるがために司法の制約を受けず、
かつ司法をも恣意的に操る立場にあるから。

「反逆者」の汚名を容易に付けることの出来る立場の共産党に
触ろうとする者は殆どいない。

そのため、共産党支配が続くと旧ソ連邦が良い例として、
「ノーメンクラツーラ」のように共産党関係者が特権階級へとなっていき、
社会を腐敗させていくのが共産党国家の常である。

つまりは共産党による一党独裁体制こそが
国を腐敗させる根源となっているのである。

それはともかく、ここの記事の内容は共産党の支配力を
減退させなければ実現できないプランだが、
果たして国内に様々な矛盾を抱え、
強権的な支配者であり続ける必要のある中共に可能なことなのか。
(中共にとって)最悪時、ソ連崩壊と同様の序曲になりそうな予感。

ま、お手並み拝見といったところですかね。
[PR]
by projekt_schwartz | 2004-04-25 15:58 | ニュース
<< 徒然なる政論 市民団体の皆さん、行かないの? >>


今だ以って何が「黒。計画」なのかは定かではないが、てきとーに時事やらを触れていくプログってことでいいやと開き直ってきた今日この頃。ちょいと最近は多忙気味なので更新を怠けてます
by projekt_schwartz
カテゴリ
全体
ニュース
スポーツ
雑記
以前の記事
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
最新のコメント
日本にとって実は中国って..
by projekt_schwartz at 03:31
トラバありがとうございま..
by lipxlap at 00:35
実社会での縛りは何処でも..
by projekt_schwartz at 21:25
すいません、岡田は私の選..
by vistacar30000 at 13:18
リリース物(写真など)を..
by vistacar30000 at 13:17
本文の理由と、根幹的な解..
by projekt_schwartz at 22:36
今度の訪朝で小泉首相が失..
by haruhico at 21:47
ACLにそこまでの興味は..
by projekt_schwartz at 01:38
へっへっへ、バレバレです..
by iku-2002 at 05:57
この記事に関しては高遠、..
by projekt_schwartz at 12:37
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧